最新のレーシック手術

レーシック手術といえば、近視・遠視・乱視などの眼鏡を使っていた人が眼鏡無しで日常生活をおくることが出来る様になる視力回復手術です。しかし、本当に視力回復の効果があるのか、手術後の感染症が怖いという人も沢山存在します。ところが、最新のレーシック手術では、視力回復の効果と手術後の感染症のリスクが大幅に改善されているのです。視力回復の手術内容を簡単に説明しますと、角膜の表面をめくって内部を削ることで屈折率を調整します。屈折率の調整とは、角膜を通って来た光が網膜上で焦点が結ばれる様にすることです。

この屈折率の調整が角膜全体で均一にできないと視力回復に大きな差がでるのです。従来は角膜の表面をまくるのに、マイクロケラトームという小型のカンナを使っていましたが、手術者によっては切断面が波打ってしまうために、屈折率が均一にならない場合がありました。また、マイクロケラトームが直接角膜に触れるために、器具の消毒が十分できてないと術後に感染症を発症するリスクがとても高かったのです。最新のレーシック手術では、コンピュータ制御されたレーザーを使って角膜の表面を切断します。そのため、非常に滑らかな切断面が作れるので均一な屈折率の調整が可能となりました。また、レーザーは非接触型の手術装置なので感染症のリスクも大幅に軽減されたのです。